「暫定税率問題」などで街宣を実施しました!

Photo_2 4月23日、「暫定税率」「後期高齢者医療制度」について砂川・滝川・深川にて街宣を行いました。突然お邪魔したにもかかわらず、立ちどまって、私の話を聞いていただき、多くの方に声をかけていただきました。ありがとうございました。

昨年の参議院選挙以降、政治は大きく変わりました。貴重な税金を、これ以上、無駄使いや不正を許せないという皆さんの怒りが大きくうねりとなって政治を変える動きを作り出したのです。政府は、「ガソリンスタンドが混乱する」「市町村財政が更に厳しくなる」など言っていました。ただ、暫定と言いながら30年以上も続いてきた税制度。また、道路にしか使えないという割には、無分別に使ってきた国土交通省。これは単にガソリンの値段を下げるだけの問題ではありません。このことがまさに日本を変える一里塚なのです。

 政府・自民党は5月に、暫定税率を復活させようとしています。「こだわることは負けること」といいます。今の官僚と癒着し腐敗しきった自民党政権の終わりの始まりにしか私には見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です