初雪

北海道では初雪を観測し、一段と寒さが増してまいりました。もう冬がすぐそこまで来ている感じがしますね。

さて、前回に引き続き、10月5日に行われた予算特別委員会第一分科会の質疑の内容についてお伝えします。2点目は、夕張市の財政再生問題とも関連いたしますが、「市町村財政の課題」についてです。財政健全化法が今年度から本格的に施行されましたが、財政再生団体に該当した自治体は全国でも夕張市のみ、早期健全化団体に該当した自治体は道内で7市町あり、これらの団体に対する道の今後の対応等ついて見解を伺ったところです。

道は、実質公債費比率の高い自治体に対し、建設事業の重点化や繰上げ償還の活用により、公債費の負担軽減に取り組むよう助言していくなどと答弁しています。

これを受け、私は最後に、夕張市の財政問題を含め、市町村財政の悪化は、住民への行政サービスの低下や住民負担の増大などに直結することから、市町村に対する親身な助言や、国に対しては、最大限の財政支援を求めていくことを道に強く要望し、質問を終了したところであります。住民に安心と元気をもたらすことが政治・行政の最大の役割と考えますので、今後も自治体財政問題については、積極的に発言していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です