定例議会が開会しています。

 道議会第1回定例会が2月24日招集され、3月25日までの30日間の日程で行われています。開会冒頭、知事から執行方針と予算案、そして道立試験研究機関の地方独立行政法人への移行に向けた法人の定款などについても提案されました。知事の執行方針では、安心・調和・未来などの言葉が踊っていましたが、北海道が直面している様々な課題を解決する具体的な方策は何も語られませんでした。

 私も9日(月)には「地域医療問題」、「自治体財政問題」、そして「道立試験研究機関の独法化問題」についての一般質問を知事にぶつける予定です。道議になっての一般質問は3回目になりますが、これまでの知事の答弁ではそれぞれの問題を解決する具体策はありませんでしたし、解決しようとする強い意志を感じたことがありません。高橋知事は経済産業省出身です。北海道は国の出先機関としか思っていないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です