明けましておめでとうございます。

Dsc02587  新年明けましておめでとうございます。
  皆様には健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 
さて、政権が自公政権へと変わって早くも1年が経過しました。アベノミクスといわれる経済・財政政策が注目され、円安・株高が進んでいるわけでありますが、逆に円安によって小麦や食用油など身近な食料品の値上げが相次ぎ、大多数の国民は、政策の恩恵を受けるどころか、逆に家計は厳しさを増しているのではないでしょうか。一部の大企業や富裕層だけではなく、地域の中小企業や道民の暮らしの改善されなければ、経済・財政政策は成功したとは言えません。
 
道政においても課題は、山積しております。道財政も決して余裕があるとは言えない状況の中で、いかにして道民の皆さんが安心して暮らせる環境を整えていくか、このことを念頭に置き、知恵を振り絞って1年間行動してまいりたいと思います。
 
2期目の任期も残すところ1年余りとなりました。今こそ、初心に返り全力で走り続けます。
 
ふるさと空知の元気を念じ、皆さんのご健勝とご多幸をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です