第2回道議会が開会しました。

10日(火)、第2回定例道議会が開会しました。高橋知事は、「支庁制度改革(案)」を提案しましたので、今後集中した議論が展開されます。早速、13日(金)にはわが会派を代表して檜山管内選出の福原道議が質問に立ち、支庁制度については、地方四団体との協議の場を正常化し、再提案を求めています。

現在、連合北海道では「地域医療を守る署名活動」を行っています。財政優先の医療政策によって医師や医療スタッフ不足が顕著となり、自分の住んでいるまちで十分な医療を受けられない地域が広がっています。このような命の格差の広がりを黙って見過ごすことはできません。北海道が責任を持って、医師不足を解消し、へき地医療・救急医療を担う病院や診療所を守らなければいけません。私も署名を持って、まちを歩きます。ご協力をよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です