自治・政治というものは

 深川の田中市議のHPでも紹介されていますが、25日に私に対する激励のDsc_0107_10ための集会を深川プラザホテル板倉で催していただきました。 およそ200人ほどの皆さんが会場にお越しいただき、熱気や雰囲気でかなり緊張しました。

 またお越しの来賓の方たちにもそれぞれありがたい激励のお言葉をいただきました。お忙しい中駆けつけていただいた荒井吉枝 衆議院議員夫人からは激励と一緒にがんばっていきましょうという心強いお言葉をいただきました。また、小川参議院議員と逢坂衆議院議員には激励のあいさつもそうですが、私の緊張をほぐそうとしてくださったり、会場を大いに盛り上げていただいたりで大変ありがたかったです。

 特に逢坂衆議院議員には前段で地方自治講演会の講師役をされ、そ れに引き続いてのご出席で大変お疲れだったろうと思います。

 その自治講演会のなかで、

  • 民主主義とは多様な考えを認めあい、物事の決定の過程を大事にするもの
  • 地域生活に密着し、そこに根ざした活動や暮らしに基づかなければ、国家の民主主義や政治はいくら考えても実効性のあるものにはならない

という内容であったと私は受けとめました。

 実際各地域をお伺いさせていただいて、また今までの行政職員・市議会議員としての経験からしても政治は理屈から生まれるものではなくて、生活実感から生まれるものだという点に強く共感しました。地方の首長をつとめられ、そして今は国政の最前線にいらっしゃる方から、すばらしい指針を示していただいたなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です