第1回定例会が閉会しました。

あれだけあった雪も解け、ようやく春らしくなってきました。

3月20日に北海道議会第1回定例会が閉会しました。

今定例会では、引き続きJR路線に関する課題をはじめ、人口減少対策、人材確保対策、地域医療対策などについて論議を展開してきましたが、答弁では知事の北海道に対する愛情や熱意が伝わらず、会派としても引き続き問いただしていく必要があります。

後半には新年度に向けての副知事や教育長などの幹部人事が提案されました。副知事の選任については、与党の自民会派から賛否が分かれ、11名もの退席者を出す中での異例の採決となりました。

最終日に保健福祉委員長として委員会報告を行いました。

 

 

 

 

砂川市の地域密着型特別養護老人ホーム福寿園(サテライト型)が4月1日より開所されました。

この地域密着型特別養護老人ホームについては、砂川市民に入所を限定した地域密着型の老人ホームです。住み慣れた地域で安心して暮らすことは利用者にとって最高の介護サービスであると考えます。

私自身、保健福祉委員長の立場からも引き続き、地域福祉の向上に取り組んでまいります。

カテゴリー: blog | コメントする

連日の報道そして予算特別委員会

森友学園への国有地売却問題は、財務省が学園との契約に関する決裁文章を書き換えた疑いがあるという報道が連日取り上げられ、行政への信頼を大きく揺るがす事態へと発展しました。報道以降、安倍首相・麻生財務大臣など政府の不誠実な対応により、国会の予算審議などが停滞してしまい、さらには関西財務局職員の自死とみられる事件や、佐川国税庁長官の辞職など、森友学園への国有地売却問題は、真相解明に向けて重大な局面をむかえようとしています。野党議員には、安倍政権の隠ぺい体質を許さず、全容解明に向けた取組みが求められます。

さて、現在開会中の道議会では予算特別委員会で、質問に立たせていただきました。 私からは「奈井江発電所の休止について」・「水産物の輸出状況と対策について」・「北海道林業大学校について」の3点の質問を行いました。

奈井江発電所については、休止に伴い、空知地域の露頭炭の採掘業者への影響が最も懸念されます。石炭の調整などの対応については、道そしてその数量も含めて北電と十分協議するよう強く求めてまいりました。

 

カテゴリー: blog | コメントする

第1回定例会が始まりました。

連日、日本選手のメダルラッシュで大変な盛り上がりを見せている平昌オリンピックですが、スピードスケート女子チームパシュートの金メダル獲得やカーリング女子のおやつタイムなどで道産子選手が大変注目されています。

国会では、働き方改革関連法案の議論として「裁量労働制」を審議していますが、安倍首相の答弁の中で、不適切な労働時間データを採用していたことが明らかとなり批判が強まっています。今後、裁量労働制拡大を巡る与野党の対立は、激しくなることが予想されます。

さて、2月21日に第1回定例道議会が開会しました。今定例会で会派は、JR北海道の路線見直しに関する課題や人口減少抑制に向けた取り組みなど高橋道政任期最後の予算に対する議論も進めていかなければなりません。

また、JR北海道は、JR石勝夕張支線に対して廃線後の代替バス支援に7億円の支援を表明するなど、少しずつ状況は動き始めております。

引き続き、地域の皆さんからいただいた声を道政の場へ届けるため、会派一丸となってしっかりと取り組んでまいりたいと思っております。

会期は3月20日までの28日間です。

 

保健福祉委員会の調査活動で、佐賀県鳥栖市にある九州国際重粒子線がん治療センターを訪れました。通院でがん治療ができる最先端の医療であるとのことです。今は入院をしなくてもがんの治療が出来る時代です。このような技術が多くの地域にも広がるよう取組みを進めます。

カテゴリー: blog | コメントする

各地域挨拶廻り・連合旗開き

日本各地では、記録的大雪や寒波による影響が多数見られます。特に東京の都心では記録的大雪による列車の運休や遅れが相次いでおり、一部の駅では入場規制が実施されていました。また、路面凍結に寄るスリップ事故なども多発しており、雪に慣れていない本州の方々にとっては厳しい日々を過ごされたのではないかと思います。北海道においても空知管内では既に昨シーズンの積雪量を上回っており、今後もしばらくは除雪に追われる日々が続きそうです。

1月に入ってからは、各種団体への挨拶廻りや各地区連合の旗開きに参加させていただき、地域の方々や各産別の労働組合の方々と地域課題について意見交換を行いました。また、砂川市議会議員OB会にも久しぶりに参加をさせていただき、OBの皆様と市議会議員時代の話に花を咲かせるなど昔を懐かしむことが出来ました。先輩方の元気な姿を拝見し、自分自身まだまだ頑張らなければいけないと実感しているところであります。

2月に入ると、道議会第1回定例会が開会します。地域医療やJRの路線見直しなど、道政の課題は山積しております。この度、地域の皆様からいただいたお声をしっかりと道政に反映すべく、万全の状態でで第1回定例会に臨みたいと思います。

カテゴリー: blog | コメントする

明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

空知では昨年末から大荒れの天候が続いていました。新年においては、大荒れの天候も一時収まり、穏やかなお正月を迎えられることと思います。大荒れの影響で排雪が済んでいない地域もありますので、冬道等における事故にはくれぐれもお気をつけ下さい。

昨年においては、衆議院解散総選挙における神谷ひろし衆議院議員の誕生など、空知においても大きな出来事がありました。今年も安倍政権における憲法改正議論や地方切り捨てなど、安倍政権の暴走がさらに加速している中、神谷衆議院議員をはじめ、我々道議会議員の立場からも異議を唱えていかなければいけません。北海道の情勢におかれましても、地域の公共交通や地域医療の課題などの課題は山積しております。それぞれの課題を一つずつ丁寧にそして、全力で取り組んでまいります。

残りの任期も早いもので1年余りとなりました。これからも安心して暮らせる北海道のため、地域の皆様の声を聴きながら努力を続けてまいりますので、引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

本年が皆様にとってご健勝で幸多き一年であることをお祈り申し上げ、年頭のご挨拶に代えさせていただきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: blog | コメントする

栗山地域後援会 道政報告会・国政報告会

12月25日に栗山地域後援会の皆様のご協力をいただき、私の道政報告会と神谷衆議院議員の国政報告会を開催させていただきました。報告会では、道議会におけるJR北海道の議論経過や、政治情勢について報告をさせていただきました。神谷衆議においては、衆議院議員選挙のお礼や国会内の状況、やはり安倍政権は3分の2以上の議席を確保しており数の力における圧力を実感しているが、地域の声を国政に届けるため断固たる決意のもと国会に挑んでいくとのことです。すでに神谷衆議は農林水産委員会において新人にもかかわらず2回質問を行っており存在感を発揮しております。今後の国会における議論においても期待をし、私も神谷衆議院議員と連携を図り、道議会活動を進めていきます。また、師走を迎え何かとご多忙の中、ご出席をいただきました後援会の皆様には、改めて感謝申し上げます。

まだご報告が出来ていない地域につきましても、年明けに開催していきたいと考えておりますので、引き続き各地域の皆様のご協力をお願いいたします。

今年も各地域の皆様には絶大なるご支援を賜りました。この感謝の気持ちを忘れず、来年も日々前進し、活動してまいります。

最後になりますが、来年が皆様にとってご健勝で、幸多き一年であることをご祈念申し上げ、今年最後の更新とさせていただきます。

道政報告の様子

 

 

 

 

神谷衆議院議員による国政報告

 

 

 

 

この度、栗山後援会長に就任された

千葉清己会長

 

 

 

カテゴリー: blog | コメントする

第4回定例会が閉会しました。

今年も残すところあとわずかとなりました。

今年の冬はすでに昨年の積雪を超えており、大荒れの天候が続き、皆さまにおかれましては除雪作業や大掃除など慌ただしい日々を過ごされていると思います。くれぐれも怪我や体調管理には十分お気をつけください。

さて、12月14日に道議会第4回定例会が閉会しました。

今定例会では、JR北海道の路線見直し問題が大きな課題となっており、高橋知事もようやく路線の維持に向けて道の財政支援措置の検討を表明しましたが、具体的な方向性は決まっておらず、国の支援やJRの対応など、課題は山積しております。

今後においては、JRの路線見直しについて集中的な議論を行うため、「北海道地方路線問題調査特別委員会」が設置されました。一向に進んでいないJR北海道における課題について知事自らが積極的に課題解決に取り組むよう、委員会の場で質してまいります。

この度、平成29年度都道府県議会議長表彰伝達式において10年表彰を受けました。10年間道議会議員として続けて来られたのも地域の皆様のおかげです。今後も日々感謝を忘れず空知のため北海道のため全力で取り組んでまいります。

 

カテゴリー: blog | コメントする

道議会第4回定例会が開会しました。

道議会第4回定例会が開会しました。

今定例会においては、JR北海道の路線見直し問題について議論する必要があり、この度JR北海道問題を重点的に取り扱う「北海道地方路線問題調査特別委員会」を新たに設置することになりました。今開かれている定例会の最終日に、設置に必要な決議案を採決する予定となっております。

JR北海道の路線ついては、利用者の減少により札幌市周辺の一部区間を除きほぼ全線が赤字で、単独では維持が困難な10路線13線区であると発表があり、見直し対象路線の沿線自治体は56自治体にのぼります。通勤・通学、農産物輸送や観光など地域への影響は大きいものと考えられており、今後においても国と連携を図るなど、問題の進展に向けて引き続き取り組んでまいります。

カテゴリー: blog | コメントする

第48回衆議院議員選挙

久方ぶりの更新となってしまい誠に申し訳ございません。

この間においては皆様もご存知のとおり、9月28日に召集された臨時国会の冒頭で衆議院が解散され、10月22日に衆議院議員選挙が執行されました。

この選挙は、安倍一強政治を終わらせるための重要なたたかいでありました。私どもの空知・留萌管内の10区においては、前回の衆議院議員選挙に引き続き、神谷 ひろしさんが立憲民主党から立候補し、選挙戦をたたかってまいりました。結果については、513票差という惜敗となり、あと一歩及びませんでしたが、比例代表で復活し、見事初当選を果たしました。

神谷さんにおいては、我々地域の声を国に届ける代表者として人口減少や農業、漁業、JR問題など数多くの課題の解決に向け、地域に根差した活動を期待しております。

この間、私は道議会の場において「地方財政・地域医療の課題」や「住民サービスの確保」などを中心に、皆様の切実な声を原動力として政策を訴えてまいりましたが、今後も空知の発展のため、山積する課題に対し全力で取り組んでまいります。

本当におめでとうございます。

カテゴリー: blog | コメントする

道議会第3回定例会が始まります

早いもので9月に入りましたが、今年も残すところ4ヶ月と考えると月日が立つのが早いことに、大変驚いております。

8月29日には北朝鮮によるミサイルが発射され、北海道上空を通過しました。世界情勢も不安定となり、今後も予断を許さない状況となっております。

さて、道議会第3回定例会が9月12日から開会します。

現在の北海道には、JR北海道や地域医療、経済や雇用対策などの課題は山積しています。知事の政治姿勢に対しても会派の議会対策委員長、そして道議会の保健福祉委員会の委員長の立場からも姿勢を質していきます。

また、議会終了後には各地域へお伺いをし、皆様方へ直接、議会報告ができればと考えております。

9月1日、釜屋電機労組さんの第50回定期大会に出席してまいりました。釜屋電機さんは今年労働組合結成50周年を迎えられました。アジア進出による事業拡大の華々しい時代からオイルショックやリーマンショックなど厳しい時代もありました。しかし、どの時代においても労働組合として様々な問題に真っ向から取り組み、組合員一丸となって乗り越えてきたと伺っております。今後においても労使が一丸となり末永く成長し続けることが使命であると宮井執行委員長は、おっしゃっておりました。

 

 

 

 

 

 

釜屋電機労組さん50周年本当におめでとうございます。

カテゴリー: blog | コメントする