道議会第3回定例会が始まります

早いもので9月に入りましたが、今年も残すところ4ヶ月と考えると月日が立つのが早いことに、大変驚いております。

8月29日には北朝鮮によるミサイルが発射され、北海道上空を通過しました。世界情勢も不安定となり、今後も予断を許さない状況となっております。

さて、道議会第3回定例会が9月12日から開会します。

現在の北海道には、JR北海道や地域医療、経済や雇用対策などの課題は山積しています。知事の政治姿勢に対しても会派の議会対策委員長、そして道議会の保健福祉委員会の委員長の立場からも姿勢を質していきます。

また、議会終了後には各地域へお伺いをし、皆様方へ直接、議会報告ができればと考えております。

9月1日、釜屋電機労組さんの第50回定期大会に出席してまいりました。釜屋電機さんは今年労働組合結成50周年を迎えられました。アジア進出による事業拡大の華々しい時代からオイルショックやリーマンショックなど厳しい時代もありました。しかし、どの時代においても労働組合として様々な問題に真っ向から取り組み、組合員一丸となって乗り越えてきたと伺っております。今後においても労使が一丸となり末永く成長し続けることが使命であると宮井執行委員長は、おっしゃっておりました。

 

 

 

 

 

 

釜屋電機労組さん50周年本当におめでとうございます。

カテゴリー: blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です