道議会第4回定例会が開会しました。

道議会第4回定例会が開会しました。

今定例会においては、JR北海道の路線見直し問題について議論する必要があり、この度JR北海道問題を重点的に取り扱う「北海道地方路線問題調査特別委員会」を新たに設置することになりました。今開かれている定例会の最終日に、設置に必要な決議案を採決する予定となっております。

JR北海道の路線ついては、利用者の減少により札幌市周辺の一部区間を除きほぼ全線が赤字で、単独では維持が困難な10路線13線区であると発表があり、見直し対象路線の沿線自治体は56自治体にのぼります。通勤・通学、農産物輸送や観光など地域への影響は大きいものと考えられており、今後においても国と連携を図るなど、問題の進展に向けて引き続き取り組んでまいります。

カテゴリー: blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です