北海道胆振東部地震

9月6日に発生した北海道胆振東部地震により、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

さて、今回震源地となった胆振中東部では最大震度7を記録し、死者が41人となるなど、甚大な被害をもたらしました。また、全道的な停電は復旧したものの、特に被害が甚大であった厚真町、安平町、むかわ町などでは、1,500人以上の方々が今もなお避難生活を余儀なくされ、断水も続いている状況にあり、被災者の生活へ大きな困難を及ぼしています。

今私ができることは、被災された皆様が一日でも早く元の穏やかな生活に戻れるよう全力を尽くすことです。

明日から開催される、第3回定例道議会では北海道胆振東部地震に対する対応協議のため、会期を5日間延長し、10月10日までとなる予定です。

その中でしっかり状況を把握し、復旧・復興に向けた取り組みを進めてまいります。

 

カテゴリー: blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です