後期高齢者医療制度が私たちの先輩を苦しめています。

今年は例年より早い春で、桜も満開の時期を過ぎ、暖かな日が続いているなあ・・・と思いきや、この数日はとても寒く、まるで3月に逆戻りのような天気ですね。

後期高齢者医療制度について、連日マスコミで取り上げられています。

この制度は

・全ての後期高齢者(75歳以上)が保険料を負担、保険料が上がるなど、新たな     

 格差を生み出していること

・介護保険料との年金二重天引きで生活苦が増していること

・保険料を1年以上滞納した場合、保険証が取り上げられるなど厳しすぎる罰則

・保険料が低所得者ほど値上がりする例が生じていること

などの問題点があります。

この制度は、小泉政権の時に強行採決したもので、政府は「制度はしっかりしている、単なる周知不足」と居直っていますが、「見直し」を求めていかなければいけません。今は生活に安心をもたらすにはほど遠い政治状況です。陽光に希望を見いだせるようしっかりと頑張らなければ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です