政策懇談会を開催

 昨日、今日と2日間にわたり民主党主催で地域主権実現に向けての政策懇談会を開催し、空知管内の首長の皆さんと様々な意見交換を行ないました。

 農業が基幹産業の空知では、農業政策に関するご意見が多く出され、特にTPP問題に関する要望を受けたところです。民主党・道民連合としても国会議員と連携し、取り組んでいきます。

 

 Nec_0581_2また、昨夜は空知地公三者共闘(自治労全道庁労連、北教組、自治労空知地方本部)の秋期闘争に関する総決起集会が岩見沢、滝川の2カ所で開催されました。

 私は滝川会場に参加し、組合員の皆さんと情勢や課題についての共有を行ないました。

道は12年間にわたる職員賃金の独自削減を行なってきており、今年の人事委員会勧告による給与・一時金等の引き下げとの二重の削減となれば、地域の経済へも影響を及ぼしていくこととなります。北海道の経済を元気にしていくための取り組みを進めていくために、私も組合員の皆さんとともに頑張ります。

 少し日にちが遡りますが、11日から12日にかけて旧産炭地議員連絡協議会で中央要請を行なってきました。今回は、以前から旧産炭地域で要望が多かった空知産炭地域総合発展基金をはじめとする地域の課題について整理し、道内選出の国会議員を中心に要請書を提出、意見の申入れを行なってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です