空知の防災・消防を守る!

いよいよ8日目を迎え、最後のお願いをしながら遊説しています。私の想いを皆さんに伝えることができたか…、どんどん力が入ります。

DSC_60654年前をよく思い出します。東日本大震災は、本格的な選挙戦に突入する寸前に発生しました。被災された地域の皆様の心痛を思えば、言葉が詰まります。私は当時、道議会において、道が避難者を受け入れることや道内で被災した施設の早期復旧などを確約することができました。しかし、東日本大震災は、防災、原子力発電のみならず、社会のあらゆる分野に疑問を突き付けています。時間のかかるテーマばかりです。
その1つに消防があります。消防は、急病や事故、火災、そして災害時に大きな役割を担います。私は、道議会などの場で消防機能の充実を求めてきました。例えば、消防活動をスピーディーに行う消防無線デジタル化の支援策や災害時に備えた新たな訓練手法の導入、広域化検討地域への優先支援などは、私の活動の大きな節目となりました。
防災・消防分野はたしかに大きな課題ばかりですが、住民が安心・安全に暮らすためには1つひとつ乗り越えていく覚悟です!

選挙戦は泣いても笑ってもあと1日。支えてくださる皆さんのためにも、全力で頑張ります。私にはこれしかありません!
◎4月11(土)の街頭演説
▶11:45~ 歌志内市 道の駅歌志内チロル
▶19:30~ 砂川市 JA新砂川AiAⅰ前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です