各地の集会、メーデーを訪問。

  長くブログの更新が滞っておりました。誠に申し訳ございません。

 5月に入り、ゴールデンウィーク後半ということで、気温も高めになってきておりますが、空知管内は雨予報で、すっきりとしない天候が続く模様です。農業をされている方にとっては4月に入ってから、ほとんど雨が降っていなかったので恵みの雨と言えそうですが、何もゴールデンウィークに直撃しなくても・・・と思われる方も多いのではないでしょうか。

 さて、私の方といえば、定例会終了後の4月から5月にかけては、各種集会、メーデーなどの行事が目白押しでありまして、地域にお邪魔させていただいております。

 この時期は、各地域の教職員や自治労退職者の会の総会が多く開催されておりまして4月19日には芦別高退協、24日北空知教職員退職者の会(深川)、25日北海道退職者公務員連名(砂川支部)、27日赤平高退協にそれぞれ参加させていただきました。

 また、労働者の祭典メーデーも各地域で開催されました。4月25日には栗山、長沼、30日秩父別、雨竜、砂川、1日上砂川、歌志内、赤平、2日に新十津川、妹背牛と合計10ヶ所でご挨拶をさせていただきました。今年は、各地域の日程が分散されていたので例年よりも多くの地域を回らせていただいたのですが、当然ながら日程が5月1日に集中してしまってご案内をいただいても行くことができなかった地域も多くありました。また、機会を見つけてお邪魔させていただきます。

訪問した地域も限られた時間でありましたので、ゆっくりとお話することができなかったのですが、皆さんからは、4月から消費税が8%へと上がりそれ以上に物価も上がっており、賃金や年金も減っていっている中で、非常に厳しいという声が多く聞かれました。私も、地域に暮らす皆さんにとって、現在のアベノミクスというものが、決してプラスに働いていることはないことも挨拶の中でも触れさせていただいた上で、地域に暮らす方々の声を道政に反映し、国に対しても物を申していかなければならないと改めて痛感いたしました。 今後も全力で走り続けます!
Photo_4

Photo_2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です